Day4 インバウンドマーケティングとは

バズストライクは簡単に言うと以下の4つのプロセスを統合したマーケティングシステムです。

1.見込み客の獲得
2.見込み客の教育
3.見込み客から顧客への転化
4.顧客を紹介者へ転化

この一連のプロセスはインバウンドマーケティングと呼ばれていて

バズストライクはインバウンドマーケティングを自動化したシステムです。

インバウンドマーケティングとは簡単に言うと 内側(ユーザー)から外側(他のユーザー)へと広がっていく新しいマーケティング概念ですが、

実はこういったマーケティング手法は昔からありました。

「バイラルマーケティング」「バズマーケティング」というものがこれに当たります。

そして、バイラル、バズを発生させる為に 具体的に何をやるのかという部分に突っ込んだ実践的理論が インバウンドマーケティングだと言えます。

インバウンドマーケティングを成功させる上で重要となるのが ユーザーに「最高の顧客体験」を与えて自発的に紹介者になってもらうという部分です。

例えば、あなたの近所で流行っているレストランを見て下さい。

その流行っているレストランは広告にお金を使っているかもしれませんが、 流行っている理由は広告の力では無いはずです。

理由はお客さんが他のお客さんを連れてきてくれるからです。

友人に連れられてその店で食事をしたら、とても美味しい料理だった。 又、お店の雰囲気がとてもよかった。しかも会計もリーズナブル。 よし、今度自分の恋人や友達、もしくは家族も連れてこよう!

この連鎖によってこのレストランは繁盛店になるのです。

では、これと同じようなことをインターネットのビジネスで行うにはどうしたらよいのか?

それを成し遂げる為に私達は幾つかのツールを使います。

1.見込み客の獲得の為のツール

まず最初に見込み客と繋がる為にリスト取りができるフォーム(オプトインフォーム)というものを自分のブログに設置します。

このHPには読者登録フォームというものが設置されていて
ここにユーザーがメールアドレスを登録してくれると 私達はユーザーと繋がり情報を届けることができるようになります。

2.見込み客の教育の為のツール

ユーザーと繋がった後はユーザーに私達のことを知ってもらい、彼らとの絆を深めければいけません。

ここで活躍するのがステップメール配信システムとメール文章のシナリオです。

3.見込み客から顧客への転化の為のツール

いわゆるクロージング(商品成約)に当たる部分です。

ここで必要なのものは「魅力的な商品」です。 またこの「商品」には次の口コミ効果にも繋がっていくような仕掛けを施しておくことも重要です。

4.顧客を紹介者へ転化の為のツール

ここが最も難しい部分です。

口コミをインターネットで発生させる為には実は「感動体験」を与えるだけでは不十分です。 口コミをしてもらうことで何か紹介者のメリットになるような動機付けを与える必要があります。

そして、もっともユーザーにとって最も強い動機付けとして働くのが物品、金品での紹介報酬です。
いわゆる「インセンティブ」を与えるツールが必要です。

但し、ただインセンティブを与えるだけではダメで 必ず「感動体験」があった上で始めてこれが成り立ちます。

バズストライクでは7日間の講義の中で以上の5つのツールのすべてが無料提供されます。

1.見込み客の獲得の為のリスト取りフォーム (Day6 6日目)
2.見込み客の教育の為ステップメール配信システム (Day2 2日目)
2.見込み客の教育の為メールシナリオ (Day7 7日目)
3.口コミ効果を含んだ商品 (Day7 7日目)
4.口コミを自動誘発させるインセンティブシステム (Day6 6日目)

インバウンドマーケティングをもっと知るには私の開発者ブログを読んで下さい。

集客革命を起こすインバウンドマーケティングの4つのステップ