■メルマガの送信

日付時刻を指定してメルマガの送信予約を行います。以下手順。

1. KAGEMUSYAメール管理画面の「メルマガを送信」又は「メルマガを見る」の一覧から送信するメルマガの「送信」ボタンをクリックします。

2. 送信するリストグループを選択し「次へ」ボタンをクリックします。

kmail5

※ここに表示されるグループが購入したプランによって割り当てられたリストとなります。送信リスト数は予約送信セット完了時にも確認できます。
※もしKAGEMUSYAプランを追加購入した場合は追加分のリストグループもここに表示されますので、特に理由が無い限り表示されているすべてのリストグループを選択して下さい。

3. 送信時刻の設定を行い「次へ」ボタンをクリックします。

kmail6

※こちらで設定するのは送信時刻の設定のみです。その他の表示項目はすべてデフォルトで表示されているものをそのまま使って下さい。
特に送信者情報は表示されたものをそのままの状態にして絶対に変更しないで下さい。変更するとメール不達と迷惑メールクレーム報告を引き起こす原因となります。
上級オプションの設定変更も不要です。デフォルトで表示されているものをそのまま使って下さい

4.送信内容を確認し送信予約を完了させます。

kmail7

5.予約の進行状況は「予約の送信キューを見る」ボタンをクリックして一覧で確認できます。

こちらの予約の送信キュー一覧から予約されているメルマガの停止、削除、送信時刻の変更が可能です。

■送信メールのアクセス解析

送信完了したメールの開封状況やリンクURLのクリック情報の確認ができます。

■メルマガの開封率につきまして

テキストメールでメールを送信した場合は開封率は測定されません。
この場合、メールのクリック数が開封率の項目に表示されるシステム仕様となっています。

開封率の測定を行う場合はHTML形式メールでも送信してください。
テキストメールでメールでのみを送信した場合は開封率は測定されません。

一般的にテキストメールではメールが開封されたか否かを測定することはできません。
開封率の測定を行う為にはHTMLでのメール送信が必要です。
(これはメール内に画像スクリプトを埋め込むことでアクセスログの追跡が可能になることによります)

メール開封率の測定にはHTMLメールの送信が必要となります。
弊社配信システムでは仕様上、送信されたメールがテキストメールの場合は、
メールのクリック率が「開封率」の項目に表示されるシステム仕様になっており
テキストメールの場合は実際にどのくらいメールが開封されていたかを測定することができません。

注意点として、HTML形式でのみメールを送ると送信するメールがすべてHTMLメールとなります。

ユーザーのメーラーによってはHTMLメールが読めないことがありますので、
特に理由が無い限りはHTMLとテキストを選択して下さい。

HTMLとテキストを選択することでメールの受け取り手の設定状況に応じてHTMLメール又はテキストメールの自動振り分け処理が行われます。

■コピーメルマガ送信時の禁止事項

・アフィリエイトコード以外の文章の一切の改変を禁止します。

・送信者情報のデフォルト設定変更の禁止

メール作成時に設定する「メール送信者名」「送信元アドレス」「返信アドレス」は必ずデフォルト設定のものを使って下さい。
送信者情報の変更は理由の如何を問わず一切禁止します。

・1日1回以上のメール配信を禁止します。

・池田の記事のKAGEMUSYAメールアカウント以外への媒体掲載を一切禁止します。