独自広告の挿入又は独占広告を配信される場合は必ず以下のルールと既定フォーマットを順守して下さい。

■送信者情報のデフォルト設定変更の禁止

メール作成時に設定する
メール送信者名」「送信元アドレス」「返信アドレス」は必ずデフォルト設定のものを使って下さい。
送信者情報の変更は理由の如何を問わず一切禁止しております。

■池田の主張と誤解される記事掲載方法の禁止

広告の内容が池田の主張や感想と誤解されるような記事の表現方法は一切禁止しております。

禁止表現の例)

・池田がおすすめの商品はこれです。
・私、池田もこれを使っています。
・この商品を購入すると池田から特典がもらえます。

■部分広告の挿入時の規定フォーマット

部分広告の場合は必ずそれが広告とはっきりわかる様に広告の上下を点線又は棒線で本文記事とはっきり区切り

広告」又は「PR」というテキスト文字を広告部分の上部にfont size=2 以上の大きさで表示させて下さい。
尚、広告の挿入箇所には特に決まりはありませんが、
文中に入れる際には話の流れの区切りのよいところで挿入した方がクリック率が高まります。

テキストメールの部分広告挿入例

2008年のリーマンショック前の アメリカ景気絶好調時代に付けていた 2007年の最高値が1万4000ドル付近だったことを考えると

今回の「1万6000ドル」というのが いかにスゴイ数字かわかります。

PR————————————-

最新のFXノウハウを無料公開中

詳細はコチラ>> http://aaaa.com

————————————-

既に投資に精通している人は もうわかっていると思いますが・・・・・

HTMLメールの部分広告挿入例
kmail14

※バナー広告のサイズは横600px 縦300px以下にしてください。

■独占広告配信時の規定フォーマット

独占広告を掲載する場合は必ずメルマガ発行者である池田の挨拶文から始まり

広告記事の提供者名と広告内容を紹介記事の前に記載の上、
独占広告の部分を点線又は棒線で本文記事とはっきり区切って掲載して下さい。

独占広告掲載例

こんにちは。池田です。

本日は●●株式会社さんより「Facebookで友達を増やす」ノウハウのお知らせが届いています。

記事ここから———————–

こんにちは。 ●●株式会社の山田です。

本日はとても重要なノウハウを無料で公開します。 ⇒ URL

[中略]

もしご質問がございましたら サイト記載の問い合わせ先までご連絡下さい。

山田

記事ここまで———————–

池田秀樹 プーケットより